本文へ移動

油庫 KTY シリーズ

キュービクル式オイルタンクユニット KTYシリーズ

(少量危険物タンク対応、発電機 燃料タンクに最適)  

KTY(油庫)シリーズ

KTYタイプ
※図はユニット室内を確認して頂けるように合成加工しています。
 
  • メインタンク ・ サービスタンク として
  • ユニット室内にタンク内蔵
  • 防油堤・タメマス・強制排出機能内蔵
  • 周囲空地不要
  • 現地でのユニット組立不要 *1
 
 
※1 付属品の看板・消火器等を現地で御取り付けください。
 
 
 
 
 

耐震性強化  設計水平震度 2.0 を標準化

■ 2階以上に設置する場合
水没、浸水リスク回避 のため、油庫KTYを上層階 または 屋上 に設置する事例が増加しています。
一方、上層階等 に設置することにより 地上に設置する場合と比較して 地震動(揺れ)が大きく なります。
 
これに対応するため、油庫KTYシリーズでは、建築設備耐震設計・施工指針(2014年版) に基づき、下記 a~d に該当する場所に設置できるよう
全シリーズ 設計水平震度  Kh=2  を標準ラインナップしております。
 
 . 2~6 階建ての建築物の最上階、屋上および塔屋
 . 7~9 階建ての建築物の上層の2層、屋上および塔屋
 . 10~12 階建ての建築物の上層の3層、屋上および塔屋
 . 13 階以上の建築物の上層の4層、屋上および塔屋
 
注) 油庫KTY のアンカー穴 を全て 堅固な基礎 に固定する場合
 

強制排出設備

■ タンク内に溜まるガス と 油庫室内への流出
タンク内 は燃料油の他、燃えやすい空気より重いガスで満たされています。
このガスは、タンクに直接給油する時などに 給油口からタンク外に押し出され、多量のガスが 室内底部 溜まります。
 
■ガスを排出させる機能
室内最下部にある タメマス上の排気ダクトから 回転式ベンチレーターで ガスを 吸い上げ 屋外の高所 から 大気中に 拡散排出 させます。
(回転式ベンチレーターに電源は不要です)
 
この機能が常に発揮されることにより万一のタンク漏洩時、メンテナンスによる少量の油漏れの際にも 安全性を向上 させることができます。

引火防止網と防火ダンパー

給気口は室内に新鮮な空気を取り入れる入口となります。
しかし、周辺で火災が発生したときの炎や離れた場所での火災による火の粉の入口となってしまう恐れがあります。
これを防止するため、これらの浸水を困難にさせる引火防止網と周辺火災による熱風や炎の浸入を防ぐための防火ダンパーを装備しております。

防油堤とタンク規格

全てのタンクは、第三者機関(消防本部)による水張・変形検査合格品のみ出荷します。
また、将来の経年劣化等による漏油対策として、タンク全量以上を収納できる防油堤を装備しております。

防油堤内雨水排水作業が不要

屋外に設置されたタンクの防油堤は、雨によって防油堤内に水が溜まります。雨が降って水が溜まるたびに防油堤内の水を抜き取る必要があります。しかし油庫KTYは屋根と壁が一体のユニットであるため防油堤に水がたまることがありません。(もし屋外タンクの防油堤で、この作業が行われていない場合は、防油堤としての機能が果たされていない可能性があります)
 

各種防爆センサー取付可能

満油警報、減油警報、遠隔残量監視システムなどを組むために必要なセンサー取付が可能です。
TOPへ戻る