本文へ移動

少量危険物タンクのポイント

少量危険物について

消防法による危険物は、指定数量を基準としてその倍数により各種基準が定められています。

燃料として主に使用される油の指定数量の例

品名
指定数量 L
第二石油類 非水溶性液体 (灯油・軽油等)
1,000
第三石油類 非水溶性液体 (重油等)
2,000
第四石油類 (潤滑油等)
6,000
動植物油類
10,000
少量危険物は、指定数量の1/5から指定数量未満迄のことを言います。 (消防法施行令第10条第1項第4号)
 
また、指定数量以上の危険物は、消防法、省令、政令によって規制されます。 (消防法第10条)
 
一方、少量危険物は各市町村条例によって規制されます。 (消防法第9条の4第2項)
 
つまり、指定数量以上の危険物は少量危険物より危険度が高くなる為、政令等により細かな基準が定められています。
第二石油類
非水溶性
(灯油・軽油等)
第三石油類
非水溶性
 (重油等)
第四石油類
(潤滑油等)
動植物油類    
https://www.tank-hiiragi.co.jp/files/libs/131/201904091415382158.gif
200L以上 400L未満
条例規制
400L以上 1,000L未満
条例規制
1,000L以上 1,200L未満
政令規制
1,200L以上 2,000L未満
条例規制
2,000L以上 6,000L未満
政令規制
条例規制
6,000L以上 10,000L未満
政令規制
10,000L以上
政令規制

少量危険物タンクについて

各市町村条例(火災予防条例等)により、各地で規制内容が若干異なりますが、安全性等を考慮し下記内容を遵守して下さい。
  1. 設置場所管轄の消防署へ事前協議(内容相談)を行った上、計画を進め、事前に届出を行って下さい。
  2. タンク本体から周囲への空地は、タンク本体外面から周囲へ水平距離1m
    タンク室内にタンクが設置されている場合は、タンク室外面から周囲への空地は不要
  3. 防油提の設置 防油提の容積はタンク全量(110%以上を推奨)
  4. 防油提内に貯留設備(タメマス)を設けて下さい。
  5. 配管工事後、塗装前に、配管漏洩検査を実施して下さい。(例:ガス加圧 常用圧力の1.5倍の圧力にて、石鹸水による目視確認等)
TOPへ戻る